M U L T I C A M B I O S S. A.

M U L T I C A M B I O S S. A.

multicambiossa.com.退職祝いや定年祝いのマナーとは。還暦祝いや米寿祝いもサポートします。

70歳の古希に適した贈り物とは

最近は多くの人が長生きをすることができるようになっているのも医療技術が進歩したことや食事の状態がかなりよくなっていることなどが背景にあるものです。美味しいものを食べることができて、栄養をしっかりとることができること、それは健康にもつながります。また、今まで治すことができなかった病気であっても医療によって、治すことができるようになっている部分もあるのです。ですから、そういった現状から長寿社会が進行しているのでもあるのです。

長寿のお祝いとして有名なのが、還暦になるのですが、これは定年退職なども合わせて長く仕事をしてきた労をねぎらうといった意味もあったりするものです。60歳まで生きることができるのは当たり前にもなっているので、一区切りとして還暦をお祝いをするということでもあるのです。

そしてその10年後には70歳の古希のお祝いをすることになります。古希というのはシンボルカラーがパープルであるので、その人に合った形でパープルの贈り物を贈るというのもいいでしょう。 薄いパープルとしてラベンダーもあれば、濃いパープルもあります。その人に合った色合いを考えていくといいでしょう。

商品としては、ファッションアイテムでもいいでしょうし、日用品でもいいでしょう。財布やバッグ、傘や洋服など多岐にわたるのですが、相手のことをイメージしながら選ぶようにするといいのです。 また、お祝いをする当日では食事会などを開いてみるというのもいいでしょう。子供や孫などにお祝いをしてもらうことができると、とても嬉しい気持ちになって、今まで生きてきてよかったと思うこともできることでしょう。

そしてその場では写真を撮るなどをしていくことで、さらに記念になるものが残ることになるのです。ですから、その計画というのはまわりの人たちでよく検討をしていくようにするといいのです。 まずは日程の調整や食事や贈り物の手配をするところから始めてみるといいでしょう。

7年後には喜寿祝いがありますのでお忘れなく。名入れ日本酒なども喜ばれていますよ。


先頭へ
Copyright (C) 2014 M U L T I C A M B I O S S. A. All Rights Reserved.